03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ロンドンのミュージカルを 横浜で~♪

2011年11月10日

誕生から25周年の「オペラ座の怪人ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで
公演を最新デジタル映像で 見せてくれるのですって!
映画版を 2回も見てるケイとしては これは見たい~~~
mixiで つぶやいてみたけど 相棒が見つからなかったので
ひとりで ららぽーと横浜に(六本木より近いので)飛んで行きました。

3時間の上映時間なので、途中でお手洗いに行かないよう飲み物を飲まず、
開始5分前にトイレに行きいざ観賞(笑)

248px-Royal_Albert_Hall,_London
アルバートホールの画像です。
気分は ロンドンに行ったみたいです

royalalberthall_20091219065103.jpg
劇場の凄さ!全体が 舞台装置みたいです。


私は どちらかというと 映画好きなので 
出演者の顔や動作がうまく見えないので 舞台はあまり 見に行かないのです。
でも今回は 映画なので 出演者一人一人の目の動き、瞬き、口の動き(歯並びまでよく見える)、
髪型や顔のシワまで分かるほど表情が良く見えました。
音響のほうも今の映画館は最新の設備が整っているので 素晴らしいの♪
大スクリーンで観ると迫力も倍増です。


歌も踊りも衣装なども素敵で 映画館なのを忘れて
拍手をしそうになりました。
本編ももちろん素晴らしいのですが、
アンコールでサラ・ブライトマンさんや歴代の出演者さん達が
ステージに現れて歌ってくれたのも 嬉しいですね。

3時間10分♪酔いしれて来ました^^

スポンサーサイト
最近見た映画 | コメント(14) | トラックバック(0)

ひとりで 映画~♪

2011年05月27日
昨日の日記です^^
久しぶりに 映画を 見て来ました。ひとりで・・・(笑)
ツーリスト以来の 映画です。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」にしようか
「ブラックスワン」にしようか迷ったのよ。
なのに 見た映画は ↓
20110209_gaku_v.jpg
人気コミック「岳 みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに描いた山岳ドラマ。
「岳 -ガク-」です。

山を見るのは 好きなのですよ。
山登りは 絶対無理!だけど ロープウエイや リフトで
運んでくれるなら 出来るだけ高い所に行きたいケイです(笑)
今までも 乗鞍岳畳平 新穂高 登山しないで 登って来ました^^

20110209_gaku2_v.jpg

話は山でのいろいろな出来事(遭難だったり、登山者の行動だったり)を
描いていて、山を知らない私も 少しは理解出来た気がします。

小栗旬君 長澤まさみちゃん 頑張っていましたね~
「なだれ」にあって、助かっても大怪我して救助される側になるはずの、主人公が
クレパスに落ちた二人を助けるとは・・・・・
コミックだから 良いのよね、凄い!小栗君の頑張りに免じてまっいいか^^。
でも原作がコミックでも 内容は 結構 深いものがありました。


最後に山岳ガイドさんの名前がズラ~ッと出てきて、
「やはり雪山の場面が多いので多くのガイドさんが協力したのだなぁ」と思いました。
よくありがちなドロドロの恋愛や人間模様の話ではなく、
自然界の美しさと命の尊さを考えさせられる話でした。


ラストシーンで 小栗旬君が 槍ヶ岳を背にが奥穂高の頂上にたつシーンがあるのです、
スクリーンの大画面で見て 景色の素晴らしさに うっとり気分で 映画が終りました^^



P1110897.jpg
シネコン側の 大戸屋さんで食べたランチ。
アボガド&マグロ丼。漬け汁がにんにく醤油で 美味しかったです。
P1110896.jpgP1110898.jpg
映画の半券で タダになるドリンクバー。
山葡萄のジュースと コーヒー。しっかり頂きました^^ 

最近見た映画 | コメント(18) | トラックバック(0)

「のだめカンタービレ」見てきました。

2010年04月21日
334577view001.jpg
土曜の夜に 「のだめカンタービレ」の特別番組?総集編?を やっていたのです。
のんびり見ていたら 主人も のだめ好き(笑)
明日 見に行こうか~!で 意見一致^^
夫婦で映画は 2年ぶり。珍しいこともあるものだわ~
映画館で 前編は 見逃しちゃったけど これだけテレビで見せてくれたら
ばっちり 解かりますものね(*^▽^*)

夫婦でランチしてから 映画の筈だったのに
今週都合が悪くて 来られなかったピアノの子を 日曜日の午前中にOKしちゃったの。
レッスンが 終ってから 即 出かけたのに 日曜日の映画館って 混んでいるのですね~!!
やっとチケットが買えたら ランチをしている時間が無くなってしまいました。
しかたがないので ○スバーガーを買って 予告編の間に 急ぎ食べ(笑)
のだめだから 周りは 若い子が多いし 席でバーガー!は ちょっと若返った気分になりましたよ。
夫婦50割引も 使ったし 安く済みました^^

334577view003.jpg
日本中にクラシック旋風を巻き起こした人気コミックをテレビドラマ化し、
好評を博した「のだめカンタービレ」待望の映画版後編。
今回は、天才的なピアノの腕を持つポジティブキャラの通称のだめが
一流の指揮者を目指す千秋との恋愛に、珍しく思い悩む姿をシリアスに描く。「Yahoo映画より」

武内英樹監督、上野樹里、玉木宏、瑛太、竹中直人ほか出演

334577view004.jpg
前編 パリロケですよ~
コンサート会場も 素敵~゚+.゚
音楽もいっぱいで 笑いあり で 楽しい映画でした。
今回は コミカルな部分が 減って のだめちゃんも 
恋に悩む しっとりした大人の女性に成長してました。
千秋(玉木宏)の指揮ぶりも 中々のものです。練習したのでしょうね~

見終わった後 ハッピーな気分になる映画でした。
これで このシリーズが 終っちゃうのは なんだか寂しいです。
最近見た映画 | コメント(10) | トラックバック(0)

シャーロック・ホームズ

2010年04月13日
A5DBA1BCA5E0A5BA.jpg
大分 日にちが 遡ります^^
お花話題に 忙しくてUPしていませんでした。
桜シ-ズン前^^に 日にちを 戻らせてね

今さらながら (‘ ▽‘)ゞ

「シャーロック・ホームズ」
観て来てました~♪

監督    ガイ・リッチー
製作総指揮 ブルース・バーマン
キャスト  ロバート・ダウニー・Jr.、
      ジュード・ロウ、
      レイチェル・マクアダムス

あらすじ:
アーサー・コナン・ドイルが生んだ名探偵シャーロック・ホームズのキャラクターに
インスピレーションを受けたオリジナルストーリー。
ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)と医師ワトソン(ジュード・ロウ)の2人は、
怪しい黒魔術の儀式を行い、若い女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕する。
だが、処刑されたはずのブラックウッドが蘇り、再び殺人事件が発生する……。
そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、
ホームズとワトソンを待っていた。

子供の頃 シャーロック・ホームズは 夢中になって 読んでました。
映画になって 登場ですものねっ!こりゃあ 見なくちゃ^^
ホームズに ワトソン ハドソン夫人 
ベイカー街221番地 目の前に現れるなんて 感激!

ホームズ=紳士 というイメージがあったので・・・、
最初はちょっと受け入れ難かったです。
名探偵の推理の映画というより、悪の野望と闘うアクション大作という趣きです。
テンポが 早くて 面白いのですよ~。
見ているうちに 中々 魅力的なホームズになって来ました^^
ジュード・ロウのワトソンも 素敵☆
アクションも多くてビックリですよ。
ロンドンの景色は物凄く素敵でした!!


見る前には個人が持ってるホームズのイメージを捨て去って、
空っぽにしてから見ることをオススメします(*^▽^*)
最近見た映画 | コメント(12) | トラックバック(1)

映画「アバター」観て来ました。

2010年01月26日

昨今流行りの3D画像と
コンピューターグラフィックを
駆使した映画。
ちょっと敬遠していたのです。
でもやたら 評判が 良いのですよ。
やっぱり気になるの(‘ ▽‘)ゞ 
それで 見に行って来ました。

解説: 『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、
最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、
その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。(シネマトゥディより)

avatar07.jpg

意外な事に 良い意味で 3Dを使ってる感じです。
画面が 飛び出してくる感じではなくて 奥行きを感じさせる美しい画面でした。
宮崎駿の「もののけ姫」の絵を 連想してしまったりして・・・
原住民ナヴィの肌が青いのも 最初は 奇異に思ったのに 
見ているうちに 原住民ナヴィに感情移入していました。
ナヴィ族の王女と 主人公ジェイクの恋に ウルウルしちゃいましたよ^^

5c5612119a4d7e160bb8b3b283990449.jpg

最新の画像なのに ストーリーは 先住民と侵略者の歴史物語を見ているようなのです。。
異星人が暮らす美しい星パンドラで生活するナヴィ族は、自然を愛し
自然と共存した生活は、まさしくアメリカ大陸開拓前のネイティブな人々のようでした。
パンドラを蹂躙する展開は 他人の土地に入り込んできた 白人社会を思わせました。
他の文化の理解、他民族、異能者との共存をテーマにした真面目で 真摯なストーリーです。

avatar_03.jpg

思わず思い出してしまった映画。第63回アカデミー賞 作品賞 監督賞 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
南北戦争中に英雄となったダンバー中尉(K・コスナー)が「失われる前にフロンティアを見ておきたい」と
直訴してサウスダコタ州のセッジウィック砦への赴任する。しかし、そこは砦とは名ばかりで廃墟と化していた。
心優しいダンバーはインディアン(スー族)との交流を経て、白人社会のエゴに初めて気づいていった。
そして彼らと生活を共にして得たものは、
スー族の自然を愛する深い精神世界と誇り高き人間愛だった…。

4209110270_5b5600cbe6.jpg

こういう映画で 感動させられるとは 
思っていなかったので 驚きです。
普遍的なストーリーは 良いものなのですね~
壮大な物語と斬新な映像美に 圧倒されました。

映画は ジャンルを問わず 良いものは
感動しますね^^



ちなみに・・・
今日のニュースで米映画「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)の25日までの世界での興行収入が
18億5500万ドル(約1670億円)以上に達し、同監督の「タイタニック」(1997年公開)を抜き、
史上最高となる見込みになったて出ていました。
最近見た映画 | コメント(16) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。