10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「コーラス」

2006年02月26日
ko-

監督:クリストフ・バラティエ
出演:ジェラール・ジュニョ
   フランソワ・ベルレアン
   ジャック・ベルレアン
   ジャン=バティスト・モニエ

1949年、第2次大戦直後のフランス。親を亡くした子どもや、
素行に問題があり親元を離れた子どもが集まった寄宿舎に、
失業中の音楽教師マチューが赴任してくる…。
「池の底」と名づけられた施設での生活。
暴力は日常茶飯事、自分の出世しか考えていない校長。
ジャック・ペランの甥にあたるクリストフ・バラティエ監督が
自身の体験からマチュー先生に託して描いた、歌と希望の感動作。

ハリウッド映画のような物凄いドラマチックな出来事の連続など全く無く
淡々と進んでいくのですよ。
素晴らしいのは やはりピエールを演じたモニエ君の歌声。
そしてその容姿!天使が居たらこんな少年なのでしょうね。
憂いを帯びたその表情が、とっても印象的です。
少年達が歌うことの喜びに満ちた時。感動は最高潮に達して!これでヤマは終わりかと思ったら
最後の最後まで泣かせてくれるのですよこの映画。
ねえ!先生全部拾っていってよ紙飛行機の手紙、と
心の中でツッコんでしまったけど その後のぺピノ少年とのエピソード…
その日が土曜日だったなんて話が出来すぎだけど素直に驚きそしてホロッと
させられてしまいました。


5b2e5712.jpg
ジャン=バティスト・モニエ
「サン・マルク少年少女合唱団」在籍している本物の合唱団員。
映画の中では合唱シーンがいっぱいあるんですが、
彼の声の美しさに感動してしまいます。 

05ff5ff4.jpg
ジェラール・ジュニョ
音楽教師役。前に見て良かった「パティニョ-ル伯父さん」です。
かなり良い味を出す役者さんですよ。
これからの彼の他の作品も是非観てみたいです。
スポンサーサイト
最近見た映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。