05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「炎のメモリアル」

2005年11月27日
honoo
監督 ジェイ・ラッセル
脚本 ルイス・コリック
出演 ホアキン・フェニックス
ジョン・トラボルタ

助けたい。最後の一秒まで、全力で生きるために。
9・11同時多発テロの現場で英雄的な活躍を繰り広げた消防士たち。
彼らに、心から 捧げたい・・・。
そんな純粋な思いから、1本の映画が誕生しました。

ボルティモアの穀物倉庫で大規模な火災が発生。
現場へ駆けつけた消防士のジャック・モリソン(ホアキン・フェニックス)は、
爆発の危機をはらんだ建物の中に飛び込み、
12階に取り残された生存者の救出に全力を尽くすが……。

感動のストーリー。メモリアルの題名で解るとおり 
命を賭けて人命を救う消防士さん達には 敬意を表します。が
映画の感想となると なんか"お決まり"すぎるし、人物描写が甘いのです。
消防士同士の友情にあまり深みを感じられなかったし・・・
ストーリーは 主人公の回想シーンで消防隊に入隊した日のこと、
初めての消防の仕事、友の死、恋愛、家族、とそんな感じで
一つ一つのストーリーになっていて どれも良かったのですけどけどね。 
立派な人達。誰もが憧れる消防士!みたいなのです。
これで 感動しなさい!みたいな押し付けが・・・・
もっと 仕事への悩み 死に対する恐怖等 内面的な気持ちを描いていれば 
良いのに。と 思ってしまいました。
前にテレビでやっていた「め組の大吾」の 大人版みたいです(笑)
涙頂戴のありきたり物語になってしまったのは
これだけ 迫力ある火災シーンを作り上げているのに残念です。
スポンサーサイト
最近見た映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。