07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」

2005年10月11日
fusiawa
監督: ブラッド・シルバーリング
製作: ローリー・マクドナルド
原作: レモニー・スニケット 
出演: ジム・キャリー
    メリル・ストリープ
    エミリー・ブラウニング ジュード・ロウ


発明好きのヴァイオレット、読書家のクラウス、噛むことが大好きなサニーは、
裕福なボードレール家の三姉弟妹。ある日、火事によって愛する両親を失った3人は、
遠縁のオラフ伯爵に預けられる。ところがオラフ伯爵は、後見人手続きが終わった途端、
遺産目当てに3人の暗殺を企てる。3人は、この危機を知恵と勇気で逃れ、
別の親戚へ預けられることになるのだが、
強欲なオラフ伯爵は、あらゆる手段で3人に近づこうとする。

観てみるとこれが中々・・・侮れない映画です。
内容はまさしく児童文学の王道、といった感じで、
大人にとってはちょっと物足りないところもありましたが、
児童文学ならではの世界が いいですね。
不幸な話だけど暗く落ち込む内容ではなくて 結構笑えました
次々と襲ってくる不幸を 如何に乗り越えるかが見ものです。
不幸 災いを 跳ね除ける話なのですよ~
長女のなんと利発な事!!
長男も本の虫であっても読んだこと全てを記憶できるなんて 凄いです。
末っ子のサニーが それにとってもキュートです。
ラストで邸宅が変わり行く様などなど 凄し 街並みや家などの美術とか、綺麗です。
エンドロールの可愛いイラストと素朴なアニメーション、美しい紋様。
これだけでも 楽しめますね。

オラフ伯爵は悪役なジム・キャリーでした、けどやっぱりマスクなジム・キャリーでした(笑)
ちょっと悪乗り気味?ジム・キャリーが苦手な方は キツイかも^^
私は「マジェスティック」や「トゥルーマンショー」の ジム・キャリーの方が
 好きなのだけどな(^^ゞ
あとジュード・ロウが出てるって聞いて、いったいどこに?と思ったらレモニー・スニケット役ですって!
顔映ってないです(笑)ナレーション的な役でした。

スポンサーサイト
最近見た映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。