07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おくる言葉

2008年10月08日
s
先週 ブログも 旅行記を1週間更新できずに 慌しかった理由。
明るい話ではないし ご家族に 
ご病気の人がいる方もいらっしゃるし
載せようかどうか とっても迷ったのです。 
でも 数日間心から消えない出来事なので 書かせて下さいね。
すみません。書けば 気持ちが落ち着くと思います。


おくる言葉と言っても 卒業式の贈る言葉ではないのですよ。
人生を 終らせる人にかけられた 言葉です。
先週 6月より 癌と闘っていた叔父が 逝ってしまいました。
自宅療養を選び まだまだ頑張ってくれると信じていたのに・・・74歳でした。
先々週は お散歩をしたり 娘さんとテレビを見て笑いあっていたのに
急変してしまったのです。
電話を受けて 駆けつけて 最後のお別れには 間に合いました。
私が病院へ 着いた時には すでに意識は無く 元気な時の叔父とは 別人のようでした。
会うのには 辛いし悲しい姿です。

叔母が「私は 幸せでしたよ!お父さん 聞こえる!」  
叔父は うなずいたように私には 見えました。いえ聴こえていたと思いたいです。
その数分後に 叔父は 逝ってしまいました。
70代になって幸せだった!って 妻に言われる・・・
仕事でも ある程度の地位を築き 家庭でも良き夫の叔父でした。

通夜 告別式も終わり 棺の蓋が閉じられる 最後のお別れの時
叔母は 叔父の顔にキスしてしまうのではと思うほど顔を寄せ 何か呟きました。
なんて言ったのでしょう。それは 聞けませんでした。
長年連れ添った夫婦の別れ・・・
悲しみと 感動で 胸がいっぱいになります。

父を 早く無くした 私には 頼もしい叔父でした。
きっと安らかに 旅立って行ったと思います。
 
「幸せでした」素敵な言葉ですね。
私も これからの人生「幸せでした」の言葉を 言いたいし 言われたい^^
う~ん 目標にしたいですね。

叔父さん どうぞ 安やかにお眠りください。
スポンサーサイト
ひとりごと | コメント(14) | トラックバック(0)
コメント
叔父さま、残念でしたね。
お別れは、さびしいものです。
でも、叔母さまにそのように、思われて、
最期を迎えられた叔父さまは、
幸せな人生をおくられていらしたのでしょうね。

ご冥福をお祈りします。

ご冥福をお祈りいたします。
叔父様、本当に残念でしたが、ケイさんのお話を読んでいると、幸せな人生を送られたのですね・・・
家族に見守られて、そして叔母様に愛されて・・・
ケイさんたちご親族にも温かく送っていただけて・・・
私も最近数年で、悲しいお別れが何度もありました。
自分自身が年を重ねてきているのですから、仕方ないことだとわかっていますが・・・
やはり別れは切なく悲しいものですね・・・
ケイさんもお疲れになったでしょう?
風邪など引かないようにお大事になさってくださいね。

心から叔父様のご冥福をお祈りいたします。
ココアさん~♪
追悼の言葉を ありがとうございます。
身近な人が 逝ってしまうのは 切ないです~。
ココアさんも お義兄様を お見送りしましたものね。 

叔父も 幸せな人生を 歩んだと思います。
もう少し 長生きして欲しかったですが 残念ですね。
マリーナさん~♪
追悼の言葉を ありがとうございます。
この歳になると 悲しい別れをする数が 増えましたね。
悲しいですが 仕方がないのよね。
父も 主人の両親も もう逝ってしまっているので
残っている母を 大事にしなくては・・・と心してしまいます。

叔父も もう少し頑張って欲しかったですが
愛する家族に囲まれて 安やかに旅立ったと思います。
こころよりご冥福をお祈りもうしあげます。
まだまだこれからと言う、74歳で逝かれるとは、勿体無いですね。
mcnjも身につまされるようです。
今まで苦労してきた分を取り替えそうとしている矢先ですものね。
mcnjさん~♪
叔父への 追悼の言葉を ありがとうございます。
6月まで ゴルフをしたり まだ仕事もしている元気な叔父だったのですよ。
これからは もっとのんびり生活して欲しいと 願っていた矢先だったので
残念です。
癌は 怖いです。
74歳は まだ若いですよね~
74才って、ウチの父と同い年。
まだまだこれからひと花もふた花も咲かせられる年齢です。
親族の方に看取られて亡くなられたのはシアワセですね。
最後まで言葉をかけることができたのは奥様もシアワセだったと思います。
つらいけど、うなづいてくださったんだから・・・。きっと、奥様の気持ちを天国まで持っていかれたでしょう。
悲しいけどいい最期でしたね。
叔父様のご冥福をお祈りいたします。
ケイさん。大変だったわね。
お父さまを早くに亡くされたケイさんにとって、お父様のような存在だった方なんでしょうね
辛いわね・・・

私の母も40年前に「癌」で亡くなりました
日進月歩で進む医学の世界。40年と言う時を経てもなお「癌」と言う病気の恐ろしさに変わりがありません
40年の時が経てばもっと画期的なお薬が開発されてもいいのに。。。っていつも思うんですよ・・・・、癌は治る病気となって欲しいですね

夫婦の人生は夫婦にしか分からない「幸せ」な事があり、人生の最期にお互いが納得出来てよかったですね
残された叔母様のお体が心配です
どうかお力落としのないようケイさんも見守ってあげて下さいね

叔父様のご冥福をお祈りします。
ケイさんもご自愛下さいね
先日・・・【おくりびと】の映画を見てきました。

心温まるお話でした・・・

お時間あったら、見て下さい。

叔父さま辛かったでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

叔母さまの言葉に涙がでてしまいました。
私は この言葉を言えるんだろうか・・・
また その逆もしかり。

夫婦の長い歴史を あらためて振り返ってみました。
大切にしなくちゃね。
ケイさん おつかれさまでした。
やっこさん~♪
やっこさんの お父様も 74歳なのですね~
まだ若いですよね!
これから 好きな山歩きや ゴルフをして のんびり過ごして欲しかったです。
愛する家族に囲まれて 惜しまれつつ 旅立って 行ったのでしょうね。
悲しいけど 見送れて 良かったです。

叔父への 追悼の言葉を ありがとうございました。
のんきさん~♪
やはり 身近な人が 逝ってしまうのは 悲しいですね。
私の父も 31年前に 癌で 逝ってしまったので。
「癌」は 恐ろしいし 憎いですね。
でも31年前に比べると 治療法が 自分で選べるのです。
叔父は 自分が 癌だというのを 知っていたし
自宅療養を選んで 自由に3ヶ月を 過ごせたのは 良かったと思いますね。
父の頃は 選択の自由は ありませんでしたから とても切ない思いをしたものです。

幸せでした。の言葉を最後に贈られて 叔父も幸せだったのだと思います。
追悼の言葉を ありがとうございました。 
うさきちさん~♪
【おくりびと】は 見たいと思っていたのですよ。

とても 評判の良い映画ですね。

切実過ぎて 見ていられるかしら?

少し時間を置いてから 是非 見たいですね。
倖 さん~♪
叔父への追悼の言葉をありがとうございます。

長い夫婦生活を経て 最後の別れの時に 
「幸せでした」の 言葉は 言いたいし 言われたいですね~
「ありがとう」でも いいかな~?
今から 考えて どうする??ですが^^

幸せと 感謝の気持ちは お互いに
いつも持っていたいですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。