05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北海道旅行3日目

2007年10月24日
朝 起きたら あいにくの雨!!
旅行も最終日なので 朝風呂に入って ゆっくり朝食♪ 
雨が上がるのを 待つ事にしました。
ラッキーな事に 出発する頃 晴れ間も見える天気に回復しましたo(〃'▽'〃)o
今日は 登別観光から始めです。
 
0150

地獄谷に下りる前に 
山の上の倶多楽湖(クッタラ湖)を 見に行きました。
 
温泉街から東に5kmで,すぐ行ける「神秘の」湖です.
摩周湖と並び,全国でも透明度が一番の湖  20m奥の湖底まで見えるという話です。
静かなたたずまいが とっても神秘的でした。

3f77e85c.jpg

倶多楽湖から下って行くと 見事な紅葉!
赤 黄色 緑と 色取り取りo(〃'▽'〃)o
白く見える沼は 大湯沼です。

fa96e85b.jpg
大湯沼のアップ!
白濁したお湯の沼です。
大きな露天風呂(笑)みたいでしょ^^
立ち入り禁止の立て札が 立ってました。
入ろうとする人が いるのかしら(笑)

fd6e11f0.jpg

もっと下っていくと 地獄谷に入ります。
地面全体が 温かく感じます。
硫黄の匂いと熱気・湯気が立ち込め凄い風景です!
噴出している温泉に たまごを入れたくなってしまいますね。
不思議と温泉たまごを 作っていないのですよ^^
作っているのは 箱根だけなのかしら(笑)

01770178


登別温泉郷のいたるところから源泉が沸いていますが、その多くは地獄谷からの湧出です。
1つの温泉郷に多彩な泉種を持つ場所。
日本でも大変珍しく、一晩に多彩な効能を持つ温泉を湯巡りできるという
不思議な温泉です。
3回も 入ってしまったから 効能!絶大かしら(笑)

309a7ac1.jpg0182







新千歳空港に向かう途中 
アイヌ民族博物館(白老ポロコタン)に
立ち寄りました。

 アイヌとは、「人間」を意味します。アイヌ民族は、
「自分たちに役立つもの」あるいは「自分たちの力が及ばないもの」を 
神(カムイ)とみなし、日々の生活のなかで、祈り、さまざまな儀礼を行い暮らしてました。
北海道の地名の90%は アイヌ語です。
昔 大地と自然と共に暮らしていたアイヌの人々の土地だったのですね。

3136061b.jpg


新千歳空港を飛び立つと 素晴らしい夕日を 見る事が出来ました。
旅の終わりを飾る綺麗な夕日です。

長くなってしまった旅行記を 見て下さってありがとうございます。
観光ツアーではなく フリーなセット旅行だったので
計画を立てる時から 楽しかったです。

「北海道走行予定のルートをクリックするだけで、
距離計算と予想時間が計算できます」というサイトで
予想計算しながら 見所をチェック(^ー^* )ウフ♪
運転手は 主人!
ツアコンは 私!
楽しい旅になりました。素晴らしかった景色に感謝して 終わりにさせて頂きます。



お土産 見ます?(‘ ▽‘)ゞエヘッ


スポンサーサイト
旅行記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。